アニメ:あらすじ:かじょうがき(備忘録仮題)

たまに、毒。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

超訳百人一首 うた恋い。第10話「名古曽の滝 大納言公任」

第10話「名古曽の滝 大納言公任」
http://www.nicovideo.jp/watch/1347593006

白鳥の湖 中宮定子の辞世の句を外した理由

実方、陸奥の国へ 清少納言のことを公任に託す 実方、不慮の死
公任、清少納言に下の句「すこし春ある ここちこそすれ」を送る
清少納言「空寒み 花にまがへて 散る雪に」と返す
白楽天「南秦の雪」など基本中の基本 実方がいないことを惜しむ公任
公任、水が枯れた滝に無常を思う 娘の入内を渋られ朝議をすっぽかす道長
公任「仕事と友達のどちらかを切るしかない」と、行成に
 「滝の音は たえて久しく なりぬれど 名こそ流れて なほ聞こえけれ」(公任)
行成「本当に名前は残るのでしょうか」公任「ままならぬ世の中を上手に生きるしかない」
定子と彰子、帝の正妻がふたり 長保二年・十二月十六日、定子、出産後この世を去る
行成、気を落とす 行成、公任から清少納言が摂津に下ると聞く 行成、清少納言を訪ねる
清少納言「後世に伝えたい定子の笑顔だけを残すために再出仕しない」
行成、定子の産んだ皇子・敦康親王の家司となり役目を全う
 「夜もすがら 契りしことを 忘れずは 恋ひむ涙の 色ぞゆかしき」(定子)

百人一首には選ばなかった定子の歌 枕草子、現存する写本は定家のものといわれている



関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/09/23(日) 06:03:01|
  2. 超訳百人一首 うた恋い。
  3. | コメント:0
<<人類は衰退しました 第12話「妖精さんの、ひみつのおちゃかい episode2」(最終話) | ホーム | アクセル・ワールド #23「Consolidation;絆」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

項目

このブログをリンクに追加する

最新記事

分類タグ

最終話 たまゆら Fate リコラン 緋色の欠片 ゆるゆり ニャル子 

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ななめみ

Author:ななめみ

備忘録的な斜め見を少々。
やってることは、あらすじのような
箇条書きのような、みたいな感じ。
稀にどうでもいいこと、とか。
あとは、妙な小ネタ仕込んでたり。
最速にこだわりがないので、
基本的に周回遅れ。
あくまでも「備忘録」な位置付け。
感想というか思ったことみたいのは
邪魔にならない程度にできたらと。
改稿も必要ならするし、
投げる時は投げるよ。

お世話になっているサイト(順不同)

LogPo!2ch
ひまねっと
アニメ大好きニュース速報
萌え豚NEWS
まんはったん。
萌速=VIP=
オタクニュース
ラビット速報
働くモノニュース
: 人生VIP職人ブログwww

pick-up

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。