アニメ:あらすじ:かじょうがき(備忘録仮題)

たまに、毒。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

緋色の欠片 第二章 第4話「五家の崩壊」

第4話「五家の崩壊」
http://www.nicovideo.jp/watch/1350957596

慎司「わかってくれとは言いません。気持ちに嘘はありません」 動揺する美鶴
騒がしい森 拓磨の右手 怪しい鬼斬丸 森を調べに
3「動く時がきたかと」アリア「連絡が取れない。動くつもりはない」
1、部屋に残り警護「新参者もいる」アリア「私を見張るのにもっともな理由だな」
タタリガミ「玉依の血、食いたい」 拓磨の右手 拓磨「帰れ」珠紀「私の目で確かめたい」
山の神復活 珠紀「鬼斬丸がまた目覚めて、それで神たちが騒いでいるんですか?」
山の神「いかにも」真弘「それで神隠しもまた」山の神「そこまで騒いではおらん」
山の神「鬼斬丸を早く眠らせよ」「鬼よ、時が来ればその場で命を絶つのがぬしの為ぞ」
山の神、去る 拓磨「俺は鬼の力を抑えこんだわけじゃないのかもしれないな」珠紀「そんな」
婆様「琢磨の中には鬼がいる。鬼斬丸の封印も完璧ではなかった」珠紀「どうすれば」
婆様「それは玉依姫であるあなたが決めなければならないこと」
拓磨、欠席 飴を出す清乃「甘いもの取ると元気が出るよ」
慎司、屋上に来ない 祐一「あいつには時間は必要かもしれない」呼びにいく
真弘「あんまり心配するな。全部俺に任せとけ、何とかしてやる。根拠はないけどな」
珠紀「もっと強い玉依姫になれるようにがんばります」 拓磨「起きたら昼過ぎでちょっと焦った」
真弘「そうやって笑ってくれてないと調子でないんだよ、拓磨の隣でな」
下校、拓磨の右手 珠紀「お願い、鎮まって」 鎮まる 珠紀「何もかも終わったと思っていたのに」
珠紀「ごめんなさい、私の力が足りなかったから」拓磨「おまえのせいじゃない」
慎司に弁当を渡す美鶴
慎司「みんなで仲良く一緒に遊んでいた何もかも幸せだったあの頃に戻れたらいいのに」
美鶴「私も何も知らなかったあの頃に戻ってこの村から出て行きたい」
慎司「ごめん、僕が変なこと言ったから」 慎司、去る 見送る美鶴
真弘「宝具を奪い返すためにロゴスに行ったと?」祐一「封印が完璧ではないと気付いたのでは」
真弘「卓を手伝いにいく」祐一「今行けば邪魔をすることになりかねない」
3、2、卓、結界内へ みな気付く 卓「ここから先は私でも無理」 2、結界を攻撃 壊れない
3「この先にアーティファクトがあるのだね?」卓「はい」 真弘・祐一、到着
2「カラスか」 攻撃しようとする2を止める3「お手並み拝見といこう、蛇よ」



関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/10/31(水) 06:00:01|
  2. 緋色の欠片 第二章
  3. | コメント:0
<<ポヨポヨ観察日記 第43話「読む見るマル」 | ホーム | ソードアート・オンライン 第16話「妖精たちの国」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

項目

このブログをリンクに追加する

最新記事

分類タグ

最終話 たまゆら Fate リコラン 緋色の欠片 ゆるゆり ニャル子 

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ななめみ

Author:ななめみ

備忘録的な斜め見を少々。
やってることは、あらすじのような
箇条書きのような、みたいな感じ。
稀にどうでもいいこと、とか。
あとは、妙な小ネタ仕込んでたり。
最速にこだわりがないので、
基本的に周回遅れ。
あくまでも「備忘録」な位置付け。
感想というか思ったことみたいのは
邪魔にならない程度にできたらと。
改稿も必要ならするし、
投げる時は投げるよ。

お世話になっているサイト(順不同)

LogPo!2ch
ひまねっと
アニメ大好きニュース速報
萌え豚NEWS
まんはったん。
萌速=VIP=
オタクニュース
ラビット速報
働くモノニュース
: 人生VIP職人ブログwww

pick-up

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。